• 外壁塗装 瓦 板金 樋 大工工事 外構

PA(情報処理推進機構)が提供する情報セキュリティ5か条に取り組む事を宣言しました。

IPA(情報処理推進機構HP)
https://www.jitec.ipa.go.jp/

 

 

 

 

 

●従業員のマイナンバー、住所、給与明細

●お客様や取引先の連絡先一覧

●取引先ごとの仕切り額や取引実績

●新製品の設計図などの開発情報

●取引先から“取扱注意”として預かった情報

 

これらの情報を以下の対策を講じてセキュリティに努めます。

1)OSやソフトウェアは常に最新の状態にしよう

● Windows Update(Windows OSの場合)/ソフトウェア・アップデート(Mac OSの場合)   OSバージョンアップ(Android の場合) ● Adobe Flash Player/Adobe Reader/Java実行環境(JRE)など利用中のソフトウェアを最新版にする。

OSやソフトウェアのセキュリティ上の問題点を放置していると、それを悪用したウイルスに感染してしまう危 険性があります。お使いのOSやソフトウェアに修正プログラムを適用する、もしくは最新版を利用しましょう。

2)ウイルス対策ソフトを導入しよう!

● ウイルス定義ファイルが自動更新されるように設定する ● 統合型のセキュリティ対策ソフト(ファイアウォールや脆弱性対策など統合的なセキュリティ機能を搭載したソフト) の導入を検討する

ID・パスワードを盗んだり、遠隔操作を行ったり、ファイルを勝手に暗号化するウイルスが増えています。ウイル ス対策ソフトを導入し、ウイルス定義ファイル(パターンファイル)は常に最新の状態になるようにしましょう。

3)パスワードを強化しよう

● パスワードは英数字記号含めて10文字以上にする ● 名前、電話番号、誕生日、簡単な英単語などはパスワードに使わない ● 同じID・パスワードをいろいろなウェブサービスで使い回さない

パスワードが推測や解析されたり、ウェブサービスから窃取したID・パスワードが流用されることで、不正にログ インされる被害が増えています。パスワードは「長く」「複雑に」「使い回さない」ようにして強化しましょう。

4)共有設定を見直そう!

● クラウドサービスの共有範囲を限定する ● ネットワーク接続の複合機やカメラ、ハードディスク(NAS)などの共有範囲を限定する ● 従業員の異動や退職時に設定の変更(削除)漏れがないように注意する

データ保管などのクラウドサービスやネットワーク接続の複合機の設定を間違ったため無関係な人に情報を覗 き見られるトラブルが増えています。クラウドサービスや機器は必要な人にのみ共有されるよう設定しましょう。

5)脅威や攻撃の手口を知ろう!

● IPAなどのセキュリティ専門機関のウェブサイトやメールマガジンで最新の脅威や攻撃の手口を知る ● 利用中のインターネットバンキングやクラウドサービスなどが提供する注意喚起を確認する