• 塗装 瓦 板金 樋 大工工事 外構 リフォーム 解体工事  甲賀市
Pocket

 

下屋根葺き替え施工前
ケラバに近い箇所が特に損傷が激しいです。

①下屋屋根の葺き替えです。

特にケラバ(屋根の端)部分が脆弱になっています。


別角度から撮影
ケラバに瓦が何枚か落下しており、下地も腐ってますので近くに近づけません。

②屋根の上からケラバ部分を撮影。

瓦がズレていて、下地も部分的に腐っている様です。


瓦を全て降ろした後、下地を作製していきます。③瓦を全て降ろした後、下地を補修していきます。


垂木新設
下地が腐っている箇所は垂木から作製します。

④垂木が腐っている箇所は、新規で造作します。


野地板部分補修
野地板も腐っている箇所は交換します。

⑤部分補修後。


ルーフィング施工中
特殊なルーフィングを施工後、桟木を作っていきます。

⑥特殊なルーフィングを施工。

その後、桟木を施工。(桟木工法)

土葺きと比較すれば、約50kg/㎡軽量化出来ますので、今回の葺き替えにより約1.5トンの屋根上重量の軽減が出来ました。


施工完了
使用瓦は三州瓦です。三州でも特に評判の良い卸業者から仕入れてます。

⑦完成です。

使用瓦は三州のいぶし瓦。

※三州の中でも特に評判の良いところから仕入れます。


谷板もステンレスで交換済み
谷板も銅製からステンレス製に交換。

⑧部分図。

谷板もステンレスで施工済み。


葺き替え後の部分図
今回の施行で一番難しかった箇所です。

⑨部分図。

今回一番難しかった箇所です。