• 塗装 瓦 板金 樋 大工工事 外構 リフォーム 解体工事  甲賀市
Pocket

リフォーム前
鉄骨、屋根、地蔵さんの周囲等が劣化しています。

①鉄骨類は全体的に錆が強くでしてました。


錆だらけの屋根
錆が強く全体的に発生してますので、葺き替えで対応。

②長年による経年劣化で、錆が強く発生しています。

塗装対応も考えたのですが、屋根の形状から葺き替え対応に決まりました。


内部鉄骨
内部の錆も全体的に発生してます。

③内部のH鋼等を塗装する為、舞台上に足場を敷き詰めました。

足場代は余計に掛かりますが、脚立を移動しての塗装は結果的に高くなります。


錆止め塗装
鉄骨類全てに錆止め塗装を施工

④ハイポンファインデグロにて鉄骨を塗装。

画像で見る以上に手間の掛かる作業となります。


 

鉄骨塗装完了
鉄骨の3度塗りが完成。

⑤今回のリフォーム全体の工程の内、鉄骨類の塗装がが約70%程度の時間を占めてました。

塗料は日本ペイントの「パーフェクットトップ」※特注色


ルーフ撤去
全てのルーフを撤去します

⑥ルーフを締めているナットが回転してくれて助かりました。(作業前に確認済み)

ナットの脱着が不可の場合は、タイトフレームからの撤去(超大変)となりますので、工程も変わりますし施工金額も変わります。


ルーフ取付け完了
綺麗に収まってます。

⑦鉄骨の色合い(黄緑)が少々奇抜な色目だと思われるかもしれませんが、実はこれルーフ内側の色目との類似色を狙ってました。


ルーフ取付け完了
地蔵さん側のルーフも取付け完了

⑧スッキリと綺麗になりましたので、地蔵さんも喜んでおられると思います。


舞台施工前
床自体はシッカリとているのですが、一部腐りかけた部分も見受けられました。

⑨床(舞台)の立地条件から風雨に晒されてしまう箇所もあり、腐食部も見受けられました。


⑩定番のガードラックアクアの2度塗り施工後。


アスファルトシングルの劣化
下地は問題無し

⑪施工前の画像が無いのですが、アスファルトシングルを剥がした状態です。


地蔵さんの周囲
施工完成図

⑫地蔵さんの屋根も新たにアスファルトシングルにて葺き替え。

周囲のリブトタンは紅ガラぽく仕上げました。


リフォーム完成
全体図

⑬完成の全体図となります。

地蔵盆になんとか間に合いました。

施工途中のある日(8月20日)、なんと日本でのその日の最高気温を記録したのです。

39.2度!!

作業の進捗が悪かったのも納得。