• 塗装 瓦 板金 樋 大工工事 外構 リフォーム 解体工事  甲賀市
Pocket

 

塗装施工前
以前コールタールで塗装済み。

① 波板のトタン屋根です。
以前に「コールタール」にて塗装したとの事ですが、時間がなかり経過しており錆の影響でトタンに穴が空いている箇所も在りました。


逆方向から撮影
一度コールタールを塗ってしまうと、通常の塗料では対応が非常に難しい為、今回はコールタールで施工。

② 反対側りから撮影。今回も塗装は「コールタール」にて施工。


以前のコールタールの粒が残ってます
本来ですと、ケレンを行うのですが費用対効果で今回はこのまま塗装します。

③ 拡大図。
以前塗った「コールタール」が粒状になって固まっております。
本来ですと、ケレンにて粒を取り除いてから塗装するのが良いのですが、今回はそのままの状態で塗装します。


塗装途中
裏側が半分程度塗装完成。

④ 裏側を半分程度塗った図。


コールタール施工途中の拡大図
右側がコールタール塗装済み。左側が未施工。

⑤ 右側が「コールタール」を施工済み。左側が未塗装部分です。


コールタール塗装済みの拡大図。
コールタールは流動性が非常に良いので、非常に塗り難いです。

⑥「コールタール」塗装の拡大図。
コールタールの特徴は、通常の塗料と比較して、非常に乾き難いです。
多めに塗ってしまうと、どんどんと流れてしまい。余計な箇所に塗料が付着する可能性があります。
匂いがキツイです。
久々に「コールタール」を塗りましたので、”匂い”と”今年一番の暑さ”でこの日の作業は16時頃に体調不調により終了させて頂きました。


コールタール専用刷毛
通常の刷毛ではスグに駄目になる為、専用刷毛を使用。

⑦ 普通の刷毛では、毛先が固まってしまい、スグに駄目になってしまいます。
コールタール専用刷毛を用意しました。


塗装完成
コールタールの塗装完成

⑧ 数日後・・・
完成です。


塗装完成
正面から撮影

⑨ 正面側から撮影。