• 塗装 瓦 板金 樋 大工工事 外構 リフォーム 解体工事  甲賀市
Pocket

塗装前
倉庫の屋根と外壁の塗装前の状態

①全体的に錆の発生は少なかったですが、塗装表面が完全に白化してました。

この様な状態からの塗装は少し勿体ないと思われるかもしれませんが、錆落しの手間が格段に早く出来る為、施工金額が安くなります。


屋根ケレン前
屋根ですが、若干の錆が発生してました。

②屋根錆落し(ケレン)前の状態です。

マジックロンとカップブラシで錆落しをしていきます。


ケレン後
錆止め塗料を塗る前に錆落しをします。

③撮影箇所がバラバラで済みません。

※私も実作業に入っていた為、撮影する事を忘れてました。(中塗り/上塗りの画像も撮り忘れてます)

よく見るとカップブラシでケレンした跡が見えると思います。


錆止め塗装完了
隙間なく錆止めを塗ります。

④錆止め完了

鋼道路橋塗装では、「錆落しから4時間以内に錆止めを塗装する事。」となっています。

これだけの面積を一気にケレンしてから錆止め塗装するのでは、上記指定工法から逸脱してしまいます。

公共事業では無いですが、それを目標としてます。


ケレン前
錆止めを塗る前に錆落しをします。

⑤ケレン前の状態


ケレン後
この外壁に関しては足付けの意味合いが強いです。

⑥外壁に関しては、薄っすらと錆がありました。

全く錆が無くても、足付けの意味でケレン作業は重要になります。


錆止め施工後
窓枠を養生後、錆止めを塗ります。

⑦錆止め施工完了

この手の外壁は凹部が以外と深くなっている為、時間が掛かります。


塗装後
屋根と外壁の塗装完了

⑧いきなり完成画像です。

非常に分かり難いかもしれませんが、鉄骨部(白色の車が駐車してある上部)も全て塗装しております。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA